遺産相続の税金!?知らなかった、とならない準備

心の準備をしておこう

遺産相続という単語だけで、難しそうだな~と思う方は多いです。実際、遺産相続に関することは税理士や弁護士を立てる方がほとんどです。ですが全く知らないというのも避けたいものです。深くは掘り下げずに、ざっくりと遺産相続についてご紹介します。まず、遺産相続は名の通り、大切な人が亡くなった際の遺産を相続する上での話です。もっぱら相続する遺産すらなければ、別ですが、だいたい何かしら残っています。遺産相続に関係する税金に「相続税」「贈与税」というものがあります。

相続税ってなんのこと?

相続税とは、純資産額が相続税の基礎控除を超える場合は死後10ヶ月以内に申告が必要で、期限を過ぎると、加算税や延滞税がかかることもあります。ここで出てくる基礎控除とは、「3000万円+600万円×法定相続人の人数」で計算されているものです。例えば3名法定相続人がいれば、計算式上4800万円です。基礎控除の根本であるのは「残された相続財産が一定金額以下である場合には相続税を支払わなくていい」というもので、この場合は、4800万円以下の相続財産なら相続税を払わなくて良い、ということです。

贈与税ってなんのこと?

「取得した財産ー基礎控除額(110万円)×税率=納める税金」の計算式が贈与税です。近年、生前で贈与するケースが多く、「相続時精算課税制度」というものもあり、申請が承認されると、生前に贈与した場合には2500万円の贈与まで贈与税がかからない制度です。よって、親から子へ生前贈与する際に特化しています。ここでポイントなのは「相続開始前3年以内の贈与財産は加算するルール」もあります。そういった関連ものも踏まえて生前贈与も検討する必要があります。

相続税相談の評判の良い税理士事務所にお世話になることにより、初心者も冷静に判断をすることが成功につながります。