仕事をしながら大卒の資格が得られるってホント?

通信制大学は学費も安い

高卒で就職したものの、キャリアアップのために資格が欲しい、もっと勉強したいという人は少なくありません。大学に入るには大学受験のための勉強も必要ですし、何よりも学費を用意しなければなりません。学費のために仕事を続けながら大卒の資格が欲しい、仕事をしながら専門的な知識を得たい…そんな希望をかなえてくれるのが通信制の大学です。インターネットでの授業を自分の都合の良い時に受講でき、最小限の通学で単位を得ることができます。また、学費も一般の大学よりも少なく済むところが多いのです。

通信制大学でどんな資格が得られるの?

せっかく大学で勉強をするのですから、大卒の資格だけではなく専門的な資格が欲しいですよね。では、通信制の大学ではどのような資格を得ることができるのでしょうか?ざっとあげると、保育士、社会福祉士、図書館司書、学芸員、建築士、社労士、税理士、そして教員免許が得られる大学もあります。ただし、こういった資格を得るためにはネットでの講義だけではなく、通学して授業を受けたり実習に参加する必要が出てきます。入学手続きをする前に、どの程度の負担になるのかをしっかりと調べる必要があるので注意しましょう。

大学を選ぶときに気を付けたいことは?

仕事をしながら勉強をするということは、とても大変なことです。通学の回数や学費などをしっかりと調べて、自分にとって無理のないスケジュールで学べる大学を選びましょう。通学の回数が少ない大学でも、自宅から大学が遠い場合は体力的な負担が大きくなったり、仕事が休めず通学が難しくなる可能性もありますから、大学の場所も必ず確認しておくことが大切です。また、多くの大学は大卒の資格を目的としない単科の受講生を受け入れています。無理なくゆっくりと、専門的な知識を得たい人は単科での受講を検討してみてはどうでしょうか。

通信制大学の授業を受けることで、人それぞれの興味や関心に応じて、専門分野をマスターすることが可能となります。