投資信託を運用している会社の種類について

販売会社と資産運用会社

投資信託商品というのは、最近では色々な会社のものがありますので、いったいどの会社のものを選べばよいのかと迷ってしまうこともあるものです。そこで、ここでは投資信託商品と会社というテーマで、すこし解説をしていくことにしましょう。例えば、xx證券という会社で投資信託を購入したとします。この場合、xx證券で買ったのですから、この投資信託商品の運用もxx證券がやってくれるのだろうと思ってしまうかもしれません。

販売会社とは別系列の運用会社

でも、大概の場合、xx證券にはxx投資信託というような子会社があって、この子会社が実際の運用業務を行っているというケースが多いと言えます。まあ、この場合はxx證券という大手の会社がバックにあるのだから、安心できるだろうと思われるかもしれません。たた、このxx證券には、子会社のxx投資信託の投資信託商品だけではなく、系列外の会社の投資信託商品も販売しているというケースが多いと言えるのではないでしょうか。

馴染みのない海外の運用会社

でも、販売会社と関係のない会社が運用をしている投資信託商品であっても、その会社が有名な会社ならば、安心できるではないかと思われるかもしれません。確かに、それはそうですが、例えば外資系の運用会社などの場合、日本でもよく知られている有名な会社の場合もありますが、反対に日本では馴染みのない会社が運用をしている投資信託商品などもあります。しかし、実際には、これらの会社は海外では非常に運用資産規模の大きい有名な会社であることが多いと言えます。

ファンドの会社は、顧客の投資家からお金を集めて株や債券などに投資して、利益が上がると顧客に分配し、そのうちのいくらかを手数料としてもらい受けることで営業する会社です。