株式投資では信用取引を活用することで収益機会が増加

信用取引はレバレッジを掛けられる特徴も

株式投資では、現物の取引のほかに信用取引を行うことが可能です。この取引は証拠金を預けることによって、証拠金の数倍の取引をすることができる特徴があります。そのため、株式投資では信用取引を活用すると、少ない元手で大きな利ザヤを稼ぐことが可能となってきます。しかし、レバレッジを掛けた取引を行うと、思惑と逆の値動きをした場合には損失もそれだけ大きくなる点に注意が必要となります。取引において証拠金を超える損失が出てしまうと、追証が必要になることが起こり得るからです。

売りと買いの両方の注文が行えるメリット

株式の現物取引では、保有前には買いの注文しか行えません。しかし、信用取引を活用すると買いの注文のほかに売りの注文もできるようになります。個別株式の売りの注文を出すと、株価が下落した時には利益が発生することになってきます。そのため、売り注文を活用すると、株価が下落する局面でも儲けを出すことが可能になるメリットが生まれています。また、買い注文においてもレバレッジが掛かっていれば、通常の現物の買いよりも高い利益が上げられる可能性が出てきます。

相場の上下の波動に合わせて売りと買いを

個別株式の株価は、上下の波動を描いて動くことが多くなっています。そのため、信用取引を活用すると、相場が底値に近づいてきた時には信用取引で買いを行い、高値に近づいてきた時には売りを行う方法が取れます。しかし、相場では底値圏や高値圏だと感じていたとしても、さらに株価が下や上へと動くことが起こってきます。そのため、底値圏では複数に分けて分割買いを行っていくとリスクを軽減できます。また、同様に高値圏でも分割売りを行っていくようにしたいところです。

株の信用取引で大損してしまうと、多額の借金を背負う羽目になります。もしこうなったら、一人で悩まず、すぐに弁護士に相談するべきです。