先を見据えた資格を得るために

かつては学歴社会のため大卒が有利でした

バブル経済以降も、学歴社会であるといわれていました。中卒より高卒、それよりも大卒であれば単純に基本給が高かったです。確かに第二次ベビーブームの世代は、競争心もあり、より高収入を目指すために、大卒資格を得たのも事実です。そのころはまだ終身雇用制が強く根付いていました。しかし現在の状況は、そのころとがらりと変わっています。終身雇用制も不確かなものです。少子化のために、大学側は学生の獲得に必死です。人気のある大学はやはり狭き門であることは変わりませんが、その他はいわゆる集客に悪戦苦闘しています。

就職に役立つ資格・技術の修得ができる専門学校

しかも、不景気のために就職難はずうっと続いています。せっかく大学を出ても、希望にかなう職は無く、学んだことを活かせません。それならば、いっそさまざまな特殊な資格や技術を修得できる専門学校の方が、現実的だと考えるものも多くなってきました。学校の選び方が変化してきているのです。これまでのような、学歴だけでは、その人の能力は量れないということに気付き始めたのです。企業側も即戦力を必要としている面もあります。

失敗しない専門学校の選び方

専門学校はその名の通り、資格・技術を修得するために特化した必要なことを学びます。目的がはっきりと設定されているのです。今や数多の専門学校がありますが、学校の選び方で気を付ける点をあげます。ひとつは、卒業生の就職先・就職率などを知ることです。それに資格を取得する学校の場合は、その学校の合格率も重要なポイントです。つまり、卒業してからの進路がきちんとしているかどうかです。稀ですが経営難で途中で潰れる専門学校もあるので、生徒数をきちんと確保しているかどうかも大切なポイントです。

おすすめのゲームの専門学校としては東京ゲームデザイナー学院です。ここでは未来を開拓できる新しい技術を積極的に教えてもらえます。