相続税対策と税理士について

相続税と贈与について

相続の申告を税理士に依頼した場合に、納税者の人が期待するものとして相続税の軽減があります。ただ相続税が発生してから税理士に相談したとしてもできる対策は限られてきます。したがって相続が発生する前に年数をかけて対策を行っていくことが大切となります。例えば相続人に対して贈与を行うことによって相続税の軽減を図る方法があります。この贈与を使った相続税軽減の方法も相続が発生してからではもう使うことができなくなります。

保険を活用した相続税対策

相続税対策のために保険を活用する方法があります。これは相続人に対して相続税支払いの準備にもつながるため非常に有用な手段です。なぜ保険が相続税の対策になるのかというと、相続人が受け取った生命保険金は非課税制度が設けられているからです。具体的には法定相続人1人当たりに対して5,000,000円の非課税枠があります。したがってこの範囲内の生命保険金は相続税の課税を受けることなく相続をすることができます。

相続税法の特例について

相続税法には特例があります。この特例を活用することによっても相続税の軽減を図ることができます。特に効果が高い特例として小規模宅地の特例があります。なかでも亡くなった人と相続人が使用していた居住用の宅地に対しては手厚い控除が設けられています。具体的にはその宅地の評価額のうち80パ−セントを相続税の課税対象から控除することができます。ただしすべての宅地に適用できる訳ではなく適用できる面積が限られていることなどの要件があります。

遺産相続などの相続には税金がかかります。そのため、税金対策のために相続の申告を税理士に相談することで、税金対策を行うことができます。